保険用インソール

orthotics

医療用インソールは、市販のインソールと違います

目的(除圧、骨格矯正等)に合わせて個別に作製されます

​足底板は圧力を分散

図のように、部分的に発生している過剰な圧力を、足底板を使用して足裏と接触する面積を増やすことで圧力を分散します。

​足底板は歩き方をガイド

図のようにインソールは骨格が動きたい方向へ重心が動くのを防ぎ歩行する際の重心移動をコントロールする事ができます。この重心移動をコントロールすることで歩行時の圧力を軽減するとともに、特定の部位に対するダメージを防ぎます

 

様々な種類のインソールがあります。

足病や骨格、体重、歩く速度等に応じて医師が処方します

JPAオーソティックス

​(シェル型)

​保険可

​米国式。高い硬度のあるポリプロピレンを内部の核に使用しており、耐久性、耐熱性に優れ、かつ軽量なインソールです。

 

¥39,850(税別)

JPAオーソティックス

​(積層型)

​保険可

ドイツ式。複数の素材を層上に張り合わせて硬度を持たせたインソールで、過剰圧部位の免荷・減圧の調整・加工に優れたインソールです。​

 

¥39,850(税別)

JPAオーソティックス

​(糖尿病患者用)

​保険可

足部の傷や潰瘍の悪化を防ぐために足底全体に均等な圧力が加わるように処置され、摩擦を軽減した専用のインソール

¥39,850(税別)

© JPA 

ジャパン・ポダイアトリー・アソシエーション   

東京都中央区新川1丁目2-8第五山京ル701

JPA
100677948_333185097644537_83506209813619