JPAとは
ABOUT JPA

JPA(ジャパン・ポダイアトリー・アソシエーション)はアメリカ足病医学(podiatry)の足部バイオメカニクス(生体力学)理論とドイツオーソペディシューテクニック(整形外科的靴調整技術)を日本人の生活様式に融合させ、足のトラブルに悩むすべての皆様に快適なインソールや靴、足専用装具の作製や調整を行なうべく設立された足装具専門会社です。

足の形状やトラブルは人それぞれ千差万別で、インソールや靴といっても患者さんの治療やリハビリのために医師が処方するものから、各種スポーツに合わせたもの、通勤通学など日常利用いただくものまで、幅広い用途があります。

JPAは足装具(フットウェア)を通じて、足病の予防と治療を支援する事で、いつまでも歩き続ける未来作りに貢献します

​代表取締役

李家 中豪 足病医

Chugo Rinoie DPM

私は日本の横浜で生まれ、米国で足病医になりました。

日本では足病の専門医がいないため、足にまつわる問題は老化といわれたり、病気として認識されていない事が多くあります。

歩けない事は病気です。足装具などを正しく利用すれば、死ぬまで人間は歩き続ける事ができます。

歩く事を諦めないでほしいとほしいという思いからJPAを設立しました。

​足を切断したり歩けない人が0になる未来のために頑張りたいと思います。

経歴

カリフォルニア足病医科大学卒業

足病医学博士

米国足病外科認定医

南カリフォルニア・メソジスト病院

 創傷ケアセンター長

​大阪大学 バイオデザイン学 招聘教員

 

​義肢装具士

関 耕二 

Koji Seki PO

米国足病医

Wenjay Sung  DPM

JPAは日本で初めて

米国足病医が設立した義肢装具会社です

会社概要

株式会社

ジャパン・ポダイアトリー・アソシエーション

東京都中央区新川1丁目2-8第五山京ビル701号室

TEL    03-6222-9866
FAX    03-6435-2099

代表取締役             李家 中豪
義肢装具責任者    関 耕二


<事業内容>

•    足専門の義肢装具の作成
•    足部モニタリングシステムの開発・販売

© JPA 

ジャパン・ポダイアトリー・アソシエーション   

東京都中央区新川1丁目2-8第五山京ル701

JPA